酸いも甘いも塩っぱいも

しがない社会人女子の日記

続・銀行員のこころの叫び

 

こんにちは、ショーコです。

 銀行員あるあるシリーズ〜!

 

             f:id:tudumi_za:20201114235300p:plain

 

 

f:id:tudumi_za:20201114235327p:plain

f:id:tudumi_za:20201114235343p:plain

f:id:tudumi_za:20201114235357p:plain

 

金額は、不正の疑いが生まれないよう訂正が出来ないルールになってるので、間違えちゃったら申し訳ないけどもう一度書いていただくことになります…

 

預金の口座番号などは訂正印でも受付はできますが、やっぱり綺麗な形がいいなあと思うので自分が書く側になる時は間違えたら書き直す…かな。

 

あと字の癖がある方とかだと数字の判別がつかない時とかがあって、でもお客様が書き終わった後から書き直して貰うのは忍びなくて、上司に「これ、読めますよね!?いけますよね!?」ってすごむ時なんかもあります(笑)

 

何にせよ書類によってこれは訂正できるとかできないとか細かいルールがあったりするので…(これもめんどくさいポイント)

 

みんな、間違えちゃったときは一旦手を止めてくれ!